寮費無料はお得なのか

とりあえず寮があれば

地方から、高校を卒業すると同時に上京して、あこがれの東京暮らしをスタートさせたい若者は多いと思います。仕事を選ぶ際、給料や社会保証の有無はもちろん大きな条件に違いありませんが、応募を後押しするもう一つの決め言葉は、寮完備です。上京時に不動産会社を通して部屋を借りるため には、礼金、敷金の他、仲介手数料もかかります。そこに更に家電や生活用品も揃えなければなりません。寮がある会社であれば、これらの不動産会社関係の初期費用は不要ですし、場合によっては前入居者が生活用品の一部を置いていってくれていることもあります。または、会社が備え付けてくれているところもあるでしょう。さらに寮費無料であれば、本人にとっても、引越しを援助する親にとっても、ありがたいベネフィットと言えます。では、金銭的恩恵以外の面ではどうでしょうか。

寮費無料に付いてくるもの

一般的に求人広告に、寮完備とあるものはたいてい、寮費が発生します。会社所有の物件の場合と、民間の物件を会社が借り上げている場合がありますが、どちらにせよ、いくらか割安な家賃設定で、毎月給与天引きなどの方法での支払いがあります。そして寮費無料という場合は、住み込みであったり、一部屋に複数の人間が寝泊まりし、風呂トイレは共同、という場合が多く、無料であることとの引き換えに、プライベートのない生活となる可能性が大きいです。仕事場でも、帰宅後も同じ人間関係が続き、なかなか心が休まらないかもしれません。タダで快適な暮らしを望むのは難しそうです。応募の際には、"無料"の裏に隠れている条件や内容を、よく確認してから決めることが大切です。

工場の仕事をするということはそこに勤務している人達にキチンと仕事を教わることが出来ると言うことです。独りで悩んでいるだけでなく先輩などに相談出来ることは大きな魅力だと思います。

© Copyright Your Motivations. All Rights Reserved.